人の手助けができる介護職|目指している人に求人情報を届ける

資格は選択肢を広げられる

電卓

二つの働き方を選択できる

会計事務所に転職をする場合、二つの方法があります。一つは有資格者として会計事務所の中枢を担う職務で転職する方法、もう一つは事務員として公認会計士や税理士のサポートや書類作成などの事務処理全般を行う方法です。この二つの給与格差は確かにありますが、その反面採用のされやすさなども異なります。公認会計士や税理士の資格を持っているのであれば、会計事務所の中枢を担うのが一番です。給与水準が高く、税務署などに提出する書類の最終検査役となることができます。しかし中小の会計事務所ではすでに必要人員の公認会計士や税理士が存在するため、新たなメンバーを受け入れる余地はありません。大手への転職であれば可能性は高くなりますが、年齢が高くなると採用されにくくなります。

有資格者の事務員希望

また実務経験も必要になります。有資格者でも経験がないと高い給料だけを支払うことになりかねませんので採用になることは少なくなります。しかし事務員であれば、採用枠は異なってきます。給料が安く済む分、多少人数を抱える余地があるのです。資格を持っていなければこの道しかありませんが、有資格者でも転職の際、事務員希望は出せます。会計事務所側でも、万一の時の補欠要因として抱えることができるメリットがあります。そして有資格者の行う事務作業であれば、信頼性を持たせることができるからです。事業の拡大などを目指すときには正式なメンバーとして昇進させることで外部より新規採用しなくても済むなど会計事務所側にとってもメリットは大きくなります。